2018年 12月山組 大福山

ロマンを感じるハイク

松浦広展

皆さん
お疲れ様でした(^-^)
養老渓谷の気持ち良いハイクと美味しい食べ放題のランチは、最高の良い組み合わせでした。

梅ヶ瀬渓谷では、話題のチバニアンと言う「地球磁場逆転期の地層」を想像しながらハイキングをしました。苔が良い具合に地層に生えている姿、またノコギリ状の岩などは、最終の紅葉にマッチしていました^ - ^ 沢を石づたいに横切ることが思っていた以上に多かったのは、程良い緊張感があり、面白かったです(^.^) また他県のグループを抜いてってしまう遊友の皆さんの体力は、やはり会長譲りの「負けず嫌い」では無く実力です。皆さん何気なく会話を楽しんでいるにも関わらず、脚はストストと軽げに進み、あっという間に大福山展望台へ着きました。市○リーダーより、頂上では美味しい大福が売っているからとの話を楽しみにして、途中の休憩でおやつを我慢していましたが、着いてみるとそんなお店は無くσ(^_^;)。でも展望台からの素晴らしい風景を観て、団子よりやっぱり花と思いました。

その後の食べ放題では、地元の食材を使った料理に刺身も充実して、とても満足のいくランチでした。やっぱり体を動かして、美味しい物を食べる、そんな幸せは人類が始まって以来続いているだなぁと。ロマンを感じるハイクでした(^_^) 皆さん、本当にお疲れ様でした。

行きたかった養老渓谷

佐藤光彦

養老渓谷の紅葉はずっと以前から行きたいところでした。6時に春日部出発、9時前に現地到着です。
皆で登山前の準備体操をしてから2コースに分かれ大福山に向けてスタートしました。久しぶりの登山で心地のよい汗をかきました。
まだまだ残っていた紅葉は綺麗でした。皆さんの登山ペースが早く、沢山撮影をしたかった紅葉があまり撮れず残念です。
お昼のランチは満腹でとても美味しく頂けました。
帰りの海ほたるも見学しとても楽しい1日でした。リーダの市川さんお世話になりました。


2018年 12月旅組 養老渓谷

今季最後の紅葉

西川成子 

今季最後の紅葉 養老渓谷に前にも行った事ありますが齢を重ねると見方 感じ方変わり、車道から階段下り4km遊歩道に一番に水量の多く雄大で存在感ある粟又の滝に感激し脳裏に焼き付き忘れません。4つの滝めぐり 足下には綺麗な水が流れの中色とりどり木々とのコントラストに心癒されながら歩を進めると話題のチバニアンの地層に遭遇遠~い昔を思いながら~天気にも恵まれ楽しく有意義な一日でした。リーダーさんお世話に成り有難う御座いました来年もたくさん参加しますので宜しくお願いします。


栗又の滝

佐藤栄子

12月9日、朝6時に春日部を出発。バスが広々として乗り心地が良く、天気も曇りのち晴れで、9時前に養老渓谷に着きました。
 旅組のリーダーは品川さん、13人の皆さんと歩きました。道が少し濡れて、歩きずらい所もありましたが、渓谷に沿ってのウオーキングは両側の紅葉に囲まれて、とてもきれいで、楽しめました。
 4つある滝の中でも粟又の滝は、前日の雨で水量が多いため、立派な滝の写真が撮れました😃。
 遊歩道歩きは、品川さん、皆さんと喋りながら・笑いながらで、1時間ぐらいの散策はあっという間にすぎました。
 お昼のランチは「君津の森」での食べ放題😄。
 アサリやお刺身がとても新鮮で、また食べ物の種類が多く、美味しくいただき満足しました😋。帰りには、海ほたるで写真が撮れたので楽しい1日でした。
 行くときのバスの中で、皆さんのひと言スピーチも聞けて良い勉強になりました。
 また、登山靴で歩けたのが良かった!!。

2018年11月 山組 鶴寝山

鶴寝山・奈良倉山の山行

下田千恵子

春日部を6時出発 リーダー豊島さんから今日の予定が発表され、予定のコースを逆回りで行く事になりました。
7時に圏央道に入り狭山でトイレタイム。奥多摩湖この辺からもみじの赤、いちょうの黄と色とりどりの紅葉が綺麗に見えました。8時50分小菅の湯で車を降り林道を30分程歩き分岐まで。途中トチノキの巨樹があり その木に人がスッポリ入れる程の穴があいていました。
道はとっても歩きやすく、枯れ葉を踏みながら回りの紅葉カラマツ、もみじなど見る余裕もあり楽しい山歩きでした。
山沢入りのヌタで10時50分 お昼まで1時間もあるので大マテイ山(1409m)迄往復する事になり、鶴寝山山頂へは12時30分 富士山は残念ながら見られませんでした。
お昼を食べ1時に下山 松姫峠で及川さんが待っていて下さって 小菅の湯に入って汗を流し出発。帰りも順調に進み春日部に6時30分に着きました。
及川さん、豊島さんお疲れ様でした。
楽しい山歩きありがとうございました。


11月山行記 鶴寝山トレッキング

中瀬睦子

春日部6時発、圏央道から青梅街道経由で小菅村の小菅の湯9時着。奥多摩湖周辺はモミジ、銀杏の赤・黄葉が盛りです。途中立ち寄った「ふれあい館」の広場には、ピンクの寒桜が小さな花をたくさん咲かせていました。11月とは思えない暖かさです。
「小菅の湯9時とは、これは ひとっ風呂浴びて山登りか」なんて思ってしまいました。
登りはじめて1時間は、沢沿いの林道歩きで、おみごととは言い難い ワサビ田が続きます。沢を離れ、いよいよ急で狭く落葉の深い山道へと入り、途中にトチの古木があり、幹は大・小の穴があき、大きく枝をのばして何百年の歴史を感じます。人はいつも大木の下では休みたくなりますネ。
日向みちと呼ばれる山道を 大マテイ山(1409m)へ11時40分登頂。木々はすっかり葉を落として雑木林が広々と続き、次に今日の目的地の鶴寝山(1368m)へ着き、12時30分です。眺望はすばらしく風もなく、のどかな頂上で昼食です。
松姫峠へと下山ですが、カラ松の黄色が残っていて楽しめました。及川さんが迎えに来て頂き そのまま小菅の湯へ。道の駅も併設している為、車・バイクでにぎやかです。温泉はツルツルで、とてもいい湯です。
しわの2・3本も取れたようでした。
帰りのバスの中、きよみさんさし入れの手作り干し柿を女性でいただきました。ごちそうさま。
コンビニまでとおくて、それ迄はいつもよりずっと静かです。
男性陣の、山の話と 諸々の日常の話し、楽しい時間でした。山の標識が新しく親切で、私達もひどいつかれもなく 予定通りでピッタリの山行でした。
春日部着6時40分
リーダーさん、及川さんありがとうございました。

2018年 10月山行 鼻曲山

10月山行 鼻曲山

梅澤ミチ子

秋の長雨とは言え毎日短いながらも雨が降って山に行く前夜はカミナリが鳴りどしゃ降りでした。
10月21日、今日は鼻曲山に行く日です。及川さんを入れて16名。春日部を6時に出発し高速で鼻曲山登山口に9時半着きました。天気は晴天なり!すばらしい‼️秋を感じる今日の一日は私達を山が待っていてくれたんだ!そう想いました。
道は石もなく落ち葉を踏みながら平らな道を歩き、9月の大真名子山より歩きやすく登りやすい山だと感じました。上の方に登ってくると黄色と赤の紅葉が見られとてもきれいでした。全体を見回すと少し早いかなぁ!風もなく暑くもなくとても心地よい気候で歩いているのですが、なかなか山頂に着かずやっと12時半頃着きました。昼食を30分位で済ませ、きた道を下山し、霧積館跡地駐車場に着いたのが3時半過ぎ(予定2時半)でした。帰りの高速の渋滞を予測し温泉を無しにしました。バスの中で飲んで春日部に8時過ぎに着きケガもなく皆元気で帰れました。市川さん!ご苦労様でした!ありがとうございました。運転手の及川さんありがとうございました!

秋の山行 鼻曲山

吉村恵子

春日部を6時に出発。これ以上ない位の登山日和の晴天に恵まれました。途中、バスの中から白い雪をかぶった富士山がくっきりと見えて感激!(^^)!
霧積温泉の駐車場から登山口迄30分。思いのほかアップダウンがあり、もう登山をしている様な道でした。登山口から十六曲峠迄途中に熊の大きな落し物があり…少し怖いような…
後30分で頂上という掛け声が何度か繰り返され、鎖場を登り何とか頂上に着きました。風もなく、暑くも寒くもなく素晴らしい景色を堪能しました。久しぶりの登山で、日頃のトレーニング不足を実感しました。
霧積温泉に入るのを楽しみにしていましたが、帰りの時間を考えて断念。その決断のお蔭で春日部に8時に着く事が出来ました。到着すると会長が皆を迎えてくれました。久しぶりの会長の元気なお顔を見れて嬉しかったです。
市川さん、及川さん、会計さん、お世話になり有難うございました。
楽しい秋の一日でした。

<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> 12ページ中5ページ目